マイルで参る

海外旅行、ホテル、マイレージ、バイマイル、陸マイラー、修行、世界一周などなど

【保存版】マレーシア・クアラルンプールのトイレ事情と攻略法!

f:id:miledemairu:20180616162916j:plain

 旅先での心配の1つにトイレ問題がありますよね。マレーシアではトイレ事情が日本とは随分と異なりますので、特にクアラルンプール近郊のトイレ事情と攻略法をお伝えします。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

 

マレーシアと言えば移住したい国ランキングで近年1位ですし、物価が安かったり食べ物が美味しかったりで、旅行先としても人気ですよね。また、SFCやJGCといった飛行機修行の聖地としても人気です。

そんな人気のマレーシアですが、トイレではいろいろとトラップがありますので、備えあれば憂いなしですよね。

 

 

トイレの種類

 

マレーシアのトイレには2種類あります。

 

  • 洋式のトイレ
  • イスラム式のトイレ

 

洋式のトイレは、皆さんもよくご存知の日本でも一般的なトイレです。 

 

イスラム式のトイレは、日本で言う和式トイレとほぼ同じ形です。違いといえば、金隠しがないのと、座る方向が違います。日本では壁に向かって座りますが、イスラム式はドアに向かって座ります。

 

万が一、ドアの鍵が壊れて誰かが入ってくれば、バッチリ目が合いますので気まずさハンパないです。洋式ももちろんドアに向いていますが、イスラム式の方が恥ずかしさ倍増だと思います。

またマレーシアなので、カギが壊れていたり、すぐに壊れそうな感じのところも多いので、まあまああり得るアクシデントですので要注意です。ハイ。

 

 

トイレの設置場所と清潔さ

 

旅先で急にトイレに行きたくなった時って、一番困りますよね。一般的なトイレの設置場所です。

 

  • 空港
  • 駅構内
  • ホテル
  • ショッピングモール
  • レストラン
  • バスターミナル
  • 高速道路のサービスエリア

 

市内にいて、電車やバスで移動している分にはトイレにそれほど困ることはありません。

 

清潔度ですが、これはやはり建物の築年数と、高級度に比例します。

 

空港は建物が新しいのでトイレも綺麗ですし、電車の駅構内のトイレも、新しいMRTですとトイレはとても綺麗ですが、古くからあるKTMの駅ですと多少汚いところもあります。でも問題ありません。高速道路のサービスエリアのトイレもだいたい綺麗です。

 

あとショッピングモールも同じです。クアラルンプール市内のパビリオンなど新しい高級ショッピングモールのトイレはとても綺麗ですが、少し郊外の築年数が経過したショッピングモールだと多少汚いところもあります。

 

そして、ホテルやレストランも高級度に比例します。クアラルンプール中心街ですとほぼ問題ありませんが、ショップロットと呼ばれる小さなショップやレストランが並んだ商店街のようなところのレストランでは、トイレが汚いところの方が多いですね。確率的には、ローカルのインド料理店のトイレがやばい気がします。

 

屋台はと言うと、まあトイレはやめた方が良いですね。ホテルやショッピングモールですませてから来ましょう。

 

そして、意外にトイレが無いところが……コンビニなんです!

 

日本ではよっぽどの田舎に行かない限り、数分歩いたらコンビニがある感じですのでトイレに困りませんが、マレーシアでは違います。

クアラルンプール市内ではコンビニ以外のトイレがたくさんあるので問題ありませんが、グラブタクシーなどで少し郊外に出かけたりしたときには、すぐにトイレに行くのが難しいので行けるところで行っておくのが鉄則ですね。

 

 

マレーシアのトイレ攻略法!

 

トイレットペーパー無い問題

クアラルンプールの中心街の高級ショッピングモールや、高級ホテル、空港などでは、ほとんどの場所でトイレットペーパーが設置されているので安心です。

でも、クアラルンプール中心街といえど、トイレットペーパーが無いところもまだまだありますので、ティッシュペーパーは必需品です。わたしもいつも携帯しています。

 

もしトイレットペーパーが個室内に無くても、トイレの入り口、手洗い場の横に大きなロールペーパーが設置してあれば、そこのティッシュを取って、個室に入ればOKです。

f:id:miledemairu:20180616180008j:plain

ちょっとデザインは違いますが、こんな感じで洗面台の横にあるロール式のティッシュを取っていきます。念のため余分に取って行きます。

 

ですので、マレーシアのトイレに入ったらまずすることは個室内のトイレットペーパーのチェックですね。無ければ洗面台の横を確認し、それでも無ければ持参したティッシュです。

 

日本からはトイレに流せるティッシュを持参していたんですが、ローカルの人に聞くとそんな物は売ってないし、気にせず普通のティッシュを流しているとのことです。本当に大丈夫かは知りませんが、今のところ大丈夫です。

スポンサーリンク
 

ビショビショ問題

f:id:miledemairu:20180616180503j:plain

 

マレーシアでのトイレのストレスの上位が、トイレビショビショ問題です。これはクアラルンプール中心街の最新のショッピングモールの綺麗なトイレでも同じです。

 

これはイスラムの人の習慣として、トイレットペーパーを使わず備え付けのホースでおしりを洗うからみたいですね。なので、トイレットペーパーが個室内に無いことが多いんですね。

 

でも、尋常じゃ無いくらいビショビショな場合があります(笑)床はもちろんのこと、便座も、なんと壁までがビショビショです。シャワーでも浴びたんかいってレベルです。実際、シャワー代わりにする人もいるとかいないとか……

 

便座がビショビショで、まず綺麗に拭いてからでないと座れません。でも困ったことにトイレットペーパーが無いところも多いので、トイレを見て便座ビショビショで、「ハアー」ってなってから、ロールペーパーを取りに行って、せっせと便座を拭いてやっと座れるって感じです。

 

ですので、できればティッシュ持参に加えて、アルコールのウエットティッシュも持参すれば完璧です。

 

でも、すっごい不思議なのが、ローカルの人はティッシュペーパーも取らずビショビショの個室に平気で入って行くんです。でも出てきてもズボンなどは濡れていないので、どうやってトイレしてるんだろうといつも不思議に思っていたんです。

 

で、ローカルの人に聞いて見ました。結果は、中腰、つまり空気椅子状態でトイレするそうです。あー大変。じゃあ、やっぱりローカルの人もビショビショの便座は嫌なんだ。じゃーなんで便座ビショビショにして、そのまま放置なんだよ!?ってなりますよね?こんなとこもマレーシアっぽいですよね(笑)

 

それで編み出した対処法は、ズバリ、イスラム式のトイレを利用するってことです。イスラム式のトイレ、つまり和式タイプですと、床がビショビショだろうと便座をいちいち拭いて座る必要がないので、とっても楽です。イスラム式のトイレをあえて使うようになってから、ちょっと「ハアー」ってなるのが減りました。

 

有料問題

f:id:miledemairu:20180616181602j:plain

 

クアラルンプールの中心街ではトイレが有料のところもあります。例えば、セントラルマーケットや、ペトロナスツインタワーがあるKLCCなどです。場所によって、30セントや50セントなどですので、約15円とかですかね。

 

たいした額ではないんですが、ちょっと回避する方法もあります。

 

例えば、KLCCなどでは人通りの最も多い、グランドフロアや地下1階だけ有料で、1つか2つ階を上がれば無料のトイレがあります。

ですので、ちょっと離れれば無料のトイレがある時もありますので、急ぎでなければあえて有料のトイレを使わなくても良いかなって感じです。

 

トイレの表示の色問題

日本でのトイレ表示の色ですが、男女共に黒の表示ってこともありますが、男性が青の場合は、女性は赤って決まってますよね。

 

でも……

 

f:id:miledemairu:20180616180320p:plain

こんな感じです。

 

男性が赤のところもあるんですよ。でもこれ、めちゃくちゃ紛らわしいです。

パッと見ると、もう脳が「赤=女子トイレ」って認識しちゃうんですね。なので、赤い表示を見た瞬間、あっ間違えたと思って、逆の方に行こうとしたんですね。そしたら、そっちが女子トイレだったっていう。あやうく異国の地で逮捕されるところでした(笑)

 

洗面台の蛇口の設計ミス問題

f:id:miledemairu:20180616180429j:plain

 

これは大した問題では無いんですが、時々「オイっ」てなります。

洗面台の蛇口と、シンクの壁の位置が近すぎることがよくるんです。つまり手を洗おうとすると、シンクの壁に手が当たりまくって非常に洗いにくいんです。

指を真っ直ぐにして洗うと壁に当たるので、写真のようにグーみたいにして洗うか、手を斜めにして洗う必要があるんです。

こういうとこもマレーシアだなって思います(笑)

スポンサーリンク
 

まとめ

いかがだったでしょうか?文化が違えばトイレの使用方法や常識なども全く違いますね。少しはマレーシア旅行でのトイレ問題のお役に立てればと思います。