マイルで参る

海外旅行、ホテル、マイレージ、バイマイル、陸マイラー、修行、世界一周などなど

ANAハワイのA380のカウチシートとは?追加料金と使用方法を大胆予想!

f:id:miledemairu:20180426134944j:plain

日本初登場のカウチシートは家族連れやカップルに最適です。ニュージーランド航空のカウチシートを利用した経験から使い勝手やおすすめの使用方法をご紹介します!

ANAでの気になる追加料金なども大胆予測したいと思います!

スポンサーリンク
 

 

 

  

ANAのエアバスA380の仕様

ついにANAが2019年から東京−ホノルル間に就航させる世界最大の旅客機エアバスA380の仕様が発表されました。

 

新たに導入されるA380型機特別塗装機は、ハワイで神聖な生き物として愛されるウミガメをモチーフに、「空飛ぶウミガメ」の意味をもつ「FLYING HONU」という名称で呼ばれます。

そしてA380「FLYING HONU」の3機は、それぞれハワイの「空」「海」「夕陽」をイメージしたとてもかわいいデザインとなっています。子どもたちは大喜びですね!

f:id:miledemairu:20180426135137j:plain

A380の席数は520席。2階アッパーデッキに、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席が配置されています。プレミアムエコノミー73席。1階メインデッキに、カウチシート60席を含むエコノミークラス383席が配置されています。

 

f:id:miledemairu:20180426141730j:plain

 

 

座席クラス

 

ファーストクラス

f:id:miledemairu:20180426140032j:plain

 

ANAのホノルル路線初のファーストクラスです。主な特徴は…
  

  • 日本初のドア付の個室型シート
  • 32インチタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン
  • ジャケット収納可能なクローゼットや複数の小物入れなどの収納スペース
  • 大型テーブル、左右の読書灯に加え食事灯、PC電源・USBポート

 

日本初のドア付きの個室シートというのが気になりますよね。あと意外だったのが、ANAブルーではなくてシックな黒っぽい色だったことですね。

ハワイというリゾート路線なので、明るい色にしてくるのかと思いました。このファーストクラスはむしろニューヨーク路線に投入して欲しいですね。

 

 

ビジネスクラス

f:id:miledemairu:20180426141157j:plain

 

ビジネスもちょっとシックな色使いですね。特徴は…

 

  • 全席通路ダイレクトアクセス・フルフラットシート

  • ペアシート(中央席ならびに通路を挟んだ一部座席)

  • 大型テーブル、大型サイドテーブル

  • 18インチタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン

  • PC電源、2個のUSBポート

 

ANAの他の路線でも使用されているスタッガードですが、一部の席は写真のようにペアシートとして利用できるようになっています。リゾート路線ですので、家族やカップルに配慮した座席配置ということですね。

 

 

プレミアムエコノミー

f:id:miledemairu:20180426141814j:plain

 

ハワイは意外と遠くて特に復路は8時間かかりますよね。エコノミーだとしんどいけどビジネスクラスは高いし…という方にプレミアムエコノミークラスが最適ですね。特徴は…

 

  • ゆとりある38インチのシートピッチ
  • 15.6インチのクラス最大級タッチパネル式パーソナルモニター(最前列は11.6インチ)
  • 約90度に回転する大型テーブル
  • レッグレスト、フットレスト
  • 携帯電話など、小物の収納スペースが充実
  • ヘッドレストが6方向に調整可能
  • PC電源、USBポート

 

 

エコノミー

f:id:miledemairu:20180426142333j:plain

 

一番多くの方が利用されるエコノミークラスの特徴は…

 

  • 最新薄型軽量シート
  • 34インチのシートピッチ
  • 13.3インチのクラス最大級タッチパネル式パーソナルモニター(最前列は11.6インチ)
  • PC電源、USBポート
  • 2種類の新ファブリックを採用し、明るい雰囲気を演出
  • ヘッドレストは6方向に調整可能

 

PC電源、USBポートは助かりますね。飛行機に乗ってからカメラやスマホの電池が無い!って気づいたら、ハワイ到着後写真が撮れずにショックですもんね。機内には充電ケーブルも念のため持って入りましょう。

 

そしてこの1階エコノミークラスの最後尾に、日本初登場のベッドのように使えるカウチシート「ANA COUCHii」が配置されています。

 

 

カウチシート「ANA COUCHii」

カウチシートといのは、通常はエコノミークラスと同じような座席ですが、足元のフットレストをあげると座席とフラットになり、カウチのように使えるということです。こんな感じですね…

f:id:miledemairu:20180426143133j:plain

 

そしてANAのカウチシートには3例仕様と4列仕様があり、もちろん4列仕様の方が広く使用できて良いですね。

3例仕様と4列仕様の使用イメージはこんな感じです…

 

f:id:miledemairu:20180426143346j:plain

f:id:miledemairu:20180426143352j:plain

 

3列だと親子2人、4列だと親子3人で利用という感じでしょうかね。

やはり子ども連れだと、子どもを横にならせてあげたいので、カウチシートだったらとても良さそうですよね。カウチシート専用の寝具も用意されるようです。

 

では、カップルや夫婦での使用の場合はどんな感じになるんでしょうか?わたしが以前利用したニュージーランド航空のカウチシートにカップルでの使用例が載っています。こんな感じです…

 

f:id:miledemairu:20180426144302j:plain

 

まあ狭いですがなんとか2人で横になれるって感じですかね。実際の寝心地は後で解説しますね。

 

気になる座席のサイズですが、ニュージーランド航空の3席カウチシートは、壁側のアームレストを上げた状態で155cm 、座面とフットレストを合わせると奥行は約74cmです。ANAのカウチシートの参考になるかもしれませんね。

 

2人で横になる以外にも…

 

f:id:miledemairu:20180426144308j:plain

 

1人が横になって1人は座るという使用方法です。これも有りですね。奥さんが疲れている時など良いですね。

 

それより、座ってモニターを見ているご主人がやたら嬉しそうなのが気になりますね(笑) 何を観ているんでしょう?

 

もちろん1人でも利用すればもっと快適です。

 

f:id:miledemairu:20180426144319j:plain

 

エコノミーだけどフルフラットですね(笑) でも1人で3席も使うとなると、追加料金の方が気になりますよね。素直にビジネスクラスを予約した方が良いんじゃないですかね。

 

 

カウチシートの使い勝手は?おすすめの使用方法は?

 

ニュージーランド航空のカウチシートですが、実際に利用してきましたので使い勝手や寝心地をレポートしたいと思います。

 

カップルや夫婦2人での使用の場合

ニュージーランド航空の使用例を見て、なんとか2人で寝れるかなと思って寝てみました。最初は横になれて最高じゃんって思うんですが、10分もすれしんどくなります。

 

全く身動きが取れません。もちろん寝返りもうてません。3席なので長さが足りず足を伸ばせません。少しでも動こうなら、相手を起こしてしまいます。

ということで、1時間ほど頑張ったのですが、諦めました。結局落ち着いたのは、1人が座って1人が横になるというスタイルです。

 

特に妻は長距離だと足がむくんでしんどいというので、その点1人でも横になれるのは良かったです。

 

あとカップルや新婚旅行の人には絶対良いと思いますね。3席を必ず2人で使用できますので、他の人に邪魔されません!

 

友達2人での使用の場合

でも、2人は2人でも友達同士ならどうでしょうか。実はそれぞれの母親が2人で3席のカウチシートを使用しました。少しでも広い方が良いかなと思ったのですが、結局他人だと気を使うので、カウチシートにする意味があまりなかったようです。

 

特にフットレストを上げて使用すると、足を真っ直ぐに伸ばせなくなり、常に三角座りか、あぐらをかくか、お姉さん座りのようになりしんどくなります。

 

友達同士の場合は、まあ横のスペースが広く取れるので普通のエコノミーよりは楽かもしれませんが、追加料金を払ってまで利用するのはどうかなという感じでしたね。

 

子ども連れの家族で使用の場合

一番利用価値が高そうなのが子ども連れのご家族だと思います。3席のカウチシートに親子2人か、もしくは4席のカウチシートに親子3人の利用が多いかもしれません。

普通のエコノミーシートで子ども連れだと、子どもに膝枕をしてあげたりすると親がなかなか寝れないかもしれませんので、その点カウチシートだと子どもはフルフラットで寝れますので、親もゆっくり寝れるかもしれません。

 

そして、もしかすると3人カウチシートに親子3人でも良いのではと思いました。つまり真ん中の子どもの席だけフットレストをあげると座席がその分広くなりますので、小さな子どもさんだと丸くなれば寝れるかもしれません。

両側の両親はフットレストを上げても良いですし、上げると足のやり場に困るので下げて普通のエコノミーのようにも利用できます。

 

この利用方法なら3席に3人の利用ですので、追加料金をなるべく安くしつつカウチシートを利用できると思います。

 

1人で使用の場合

もちろん1人で利用する方が広く快適に寝れて良さそうですね。でも1人で3席4席分を取るとなると追加料金が気になります。追加料金によっては、プレミアムエコノミーと変わらなくなるのであればあまり意味がありませんね。

1人での利用は個人的には無しかなと思います。 

スポンサーリンク
 

気になるカウチシートの利用料金を大胆予想

 

ANAのカウチシートは、「ご利用人数に応じた追加料金でご使用いただけます」とありますので、ニュージーランド航空のカウチシートの料金体系とほぼ同じものになるのではと予想します。

 

ニュージーランド航空のカウチシートの追加料金は、3席のカウチシートを何人で使用するかで異なります。ニュージーランド航空の成田-オークランド間のフライトで片道利用する場合ですと…

 

  • 1人で使用の場合…8万円
  • 2人で使用の場合…4万円
  • 3人(大人1子ども2)の場合…1.5万円

 

となっています。この料金は1人当たりの料金ではなく一列のカウチシートの追加料金ですので、2人で使用する場合は2人で4万円です。

 

この値段を元にANAのハワイ路線のカウチシートの料金を予想します。

 

ニュージーランド航空の成田-オークランド間の往復航空券は、最低でも約11万円ほどです。

ANAの東京-ホノルル間は、ANAのホームページで検索すると最低でも約10万円ほどします。

 

ということは、ニュージーランド航空のカウチシートの追加料金とそれほど大差はないかもしれません。距離で言うとオークランドよりハワイの方が近いですので、そう考えると少し安いかもしれませんね。

 

ということで、ANAハワイ路線のカウチシートの片道あたりの追加料金は次のように予想してみました。

 

カウチシートの片道あたり追加料金予想

 

3席カウチシートの場合

  • 1人で使用の場合…6万円
  • 2人で使用の場合…3万円
  • 3人で使用の場合…1.5万円

 

4席カウチシートの場合

  • 1人で使用の場合…8万円
  • 2人で使用の場合…4万円
  • 3人で使用の場合…2万円
  • 4人で使用の場合…1万円

 

予想が正しければ、夫婦・カップル・親子2人の場合で3席カウチで片道3万円、往復6万円の追加料金ですね。往復は高いとしても、往路の深夜便だけでも利用すれば少しでもゆっくり休めて、ハワイに朝到着してすぐ活動できるかもしれませんね。

 

親子3人の場合は、4席カウチで片道2万円、往復4万円の追加料金ですかね。これなら往復でも全然ありではないでしょうか。

 

 

その他の便利な機内設備

 

f:id:miledemairu:20180426183306j:plain

 

他にも子ども連れの家族に嬉しい多目的ルームの設備が1回後方にあります。赤ちゃんの授乳やオムツ替え、着替えとかに便利ですね。

あとバーカウンターもあって自由にドリンクやスナックを食べれるようです。これも子ども連れには助かりますね。

 

 

2019年5月24日にA380就航!

A380型機は、2019年5月24日就航と発表されました。当初は成田を火金日曜に出発する週3往復で、2号機を投入する7月1日からは週10往復まで拡大し、成田を火金日曜出発便は2往復、その他の曜日は1往復となる見通しです。そして、A380の航空券発売は2019年1月の予定ということです。待ち遠しいですね!

 

そして早速来年11月のANAハワイのビジネスクラス特典航空券を予約しちゃいました!正式発表はまだですが、A380を狙って成田の日曜発を予約しました。ホノルル発は木曜なので、2分の1の確率です。往復ともA380だったらラッキーですね!

 

スポンサーリンク
 

 

ハワイにほぼ無料でファーストクラスやビジネスクラスで行く方法!

 

カウチシートも良いですが、でもできればファーストクラスやビジネスクラスで行けたらもっと良いですよね。

 

そんなの高くて無理だと思われるかもしれませんがマイルならほぼ無料でハワイまで行けるんです!しかもファーストやビジネスで!

そしてマイルはちょっと工夫すれば年間20万マイル以上貯まります。夫婦で貯めると40万マイル以上です。

 

ハワイへはビジネスクラスなら1人6万マイルから行くことができます。家族3人で18万マイル、4人で24万マイルなので、家族みんなで行けますね。

 

ポイントサイトを使って年間20万円マイル以上貯める方法は下記の記事で解説しています。

www.miledemile.com

 

 

こんな記事も。

www.miledemile.com