マイルで参る

海外旅行、ホテル、マイレージ、バイマイル、陸マイラー、修行、世界一周などなど

【2018年5月 最新版】ANAマイルを貯める4つの方法を徹底比較! 〜 LINEルートで年間20万マイル以上!

f:id:miledemairu:20180331005813j:plain

最も効率良く大量にマイルを貯める方法を徹底比較します。何が必要で何をすれば良いのか、要点をなるべくシンプルにフローチャートで解説します。

是非ご自分に合ったマイルの貯め方を見つけてくださいね!

 

 

 

大量のマイルを貯める心得

 

手間をかければファースト・ビジネス

手間を惜しめばエコノミー

                                                                             by マイルで参る 

 

 

マイルの貯め方を徹底比較!

 

マイルを貯める4つの方法のメリットデメリットを徹底比較します。ご自分に合った方法を見つけてくださいね。いろんな貯め方を併用すれば、年間30万マイル以上獲得も可能です。

 

 

①フライトで貯める

f:id:miledemairu:20180331021341j:plain

効率 :★★

お手軽度:★★★

 

メリット

  • 何も考えずとにかく飛行機に乗れば良い (マイル積算対象外運賃有り)

デメリット

  • 大量にマイルを貯めるには航空券代に非常にお金がかかる

 

必要な物

  • ANAマイレージ口座

 

マイルを貯める方法でまず思い浮かぶのは、飛行機に乗って貯める方法ではないでしょうか。でもなかなか貯まりませんよね。


例えば、今年は航空券代に約35万円使い18回飛行機に乗る予定です。それでも約4万マイルしか貯まらない計算なんです。

 

ということは、よっぽど頻繁に飛行機に乗る人でないとフライトだけで大量マイルはなかなか貯まらないということです。

 

 

②クレジットカード決済で貯める

f:id:miledemairu:20180331021359j:plain

効率 :★

お手軽度:★★★★★

 

メリット

  • 普段のメインカードをANAのマイルが貯まるカードにするだけで良い
  • カードポイントからの交換なので無料でマイル獲得

デメリット

  • 大量マイルを貯めるのは不可能に近い

 

必要な物

  • ANAマイレージ口座
  • ANAマイルの貯まるクレジットカード

 

おすすめのクレジットカード

 

フライトの次にマイルを貯める方法で思いつくのは、クレジットカードではないでしょうか。でもなかなか貯まらないので、結局マイルを使う前に有効期限が切れちゃったとかあるかもしれませんね。

 

クレジットカードでどれほどマイルが貯まるかと言うと、使用するカードにより異なりますが決済100円につき約0.5〜1.5マイル貯まります。

例えば、カードを年間約200万円使うと、約1〜3万マイル貯まります。200万円も使っても、国内旅行に1人か2人やっと行けるかどうかです。

 

クレジットカードで貯めたマイルだけで海外旅行に行くのはなかなか難しいですし、まして大量マイルを貯めてビジネスクラスで海外旅行なんでのはほぼ不可能ですよね。

 

 

③Tポイント、楽天ポイント、nanacoポイントなどで貯める

f:id:miledemairu:20180331021417j:plain

効率 :★

お手軽度:★★★★★

交換レート:50%

 

メリット

  • 普段の生活でポイントを貯められる
  • ポイントからの交換なので無料でマイル獲得

デメリット

  • 大量マイルを貯めるのは非常に難しい

 

必要な物

  • ANAマイレージ口座
  • Tポイント、楽天ポイント、nanacoポイントなど

 

フライトやクレジットカード以外にも、各種ポイントからマイルに交換する方法があります。

 

ほとんどのポイントの交換比率は50%ですので1ポイント=0.5マイルで交換できます。10000ポイント貯めてもようやく5000マイルです。実際はなかなかポイントは貯まりませんので、大量にマイルを貯めるのはかなり難しいです。

 

ただ、次の④以降で紹介するポイントサイトでポイントを貯めてそれをTポイントなど各種ポイントに移行すれば、大量マイルを貯めることは可能です。

 

 

④ポイントサイトで貯める

 

④-1、ポイントサイトから直接ANAマイルに交換する

f:id:miledemairu:20180331021435j:plain

効率 :★★

お手軽度:★★★

交換レート:約30〜50%

 

メリット

  • ポイントサイトでたくさんのポイントを貯めることができる

デメリット

  • ポイントサイトでポイントを貯めるために多少の手間がかかる
  • ポイントを直接マイルに交換するのは非効率

 

必要な物

  • ANAマイレージ口座
  • ポイントサイトの登録

 

 

ポイントサイトを利用することで、一気にマイルが貯まるようになります。

 

ポイントサイトでのポイントの貯め方はあとで解説しますが、ポイントサイトを使えば1人で年間20万円分以上のポイントを貯めることも十分可能です。そして、そのポイントを直接マイルに移行すれば、約6〜10万マイル貯めることができます。

 

でもポイントを直接マイルに交換する方法だと、交換レートは約30〜50%で1ポイント=約0.3〜0.5マイルにしかなりません。

 

年間20万マイル貯めるのは不可能ではありませんが、せっかく貯めた大量ポイントがもったいなさ過ぎですので、ANAマイルへの直接交換はおすすめしません。

せめて、③のTポイントなどを経由してマイル交換した方がまだましなくらいです。

 

でも、できれば次のルートで、もう少し手間をかけると交換レートが劇的に改善します。

 

 

④-2、LINEルートで貯める (4ステップ)

f:id:miledemairu:20180331021457j:plain

効率 :★★★★★

お手軽度:★★★

交換レート:81%

 

メリット

  • ポイントサイトでたくさんのポイントを貯めることができる
  • マイルへの交換レートが最高水準

デメリット

  • ポイントサイトでポイントを貯めるために多少の手間がかかる
  • 利用可能なポイントサイトが少ない

 

必要な物

 

LINEポイントに直接等倍で交換可能なポイントサイト (リンクから登録できます)

* Gポイントからポイントを等倍交換するには、Gポイントの手数料還元を利用する必要があります。

 

このルートだとポイントからマイルへの交換レートは81%で1ポイント=約0.8マイルになります。

例えばこれらのポイントサイトを使い25万円分のポイント貯めて、このルートでマイルへ交換すると約20万マイル貯まります。

 

LINEポイントとメトロポイントを経由することで交換レートが劇的に改善し、これが大量マイルを貯める最重要ポイントになります。

 

これがいわゆるLINEルートです。正確には、LINEポイントを経由したソラチカルートです。ソラチカというのは、メトロポイントを利用する「ANA To Me CARD」が「ソラチカカード」とも呼ばれているからです。

 

でも直接LINEポイントに等倍交換できるポイントサイトはまだまだ少ないです。実際、ポイントタウンとGポイントだけで年間20万マイル以上貯めるのは、少し非効率かも知れません。

もっとマイルを効率的に貯めるには、もう少し利用するポイントサイトを増やす必要があります。

 

 

④-3、LINEルートで貯める (5ステップ)

f:id:miledemairu:20180403004605j:plain

効率 :★★★★★

お手軽度:★★

交換レート:81%

 

メリット

  • ポイントサイトでたくさんのポイントを貯めることができる
  • マイルへの交換レートが最高水準

デメリット

  • ポイントサイトでポイントを貯めるために多少の手間がかかる
  • 利用可能なポイントサイトが少ない

 

必要な物

 

Gポイントに直接等倍で交換可能なポイントサイト (リンクから登録できます)

 

LINEポイントの前にGポイントを経由することで、交換レートを落とさずにLINEルートに乗せられるポイントサイトが少し増えます。

 

ここまででも年間20万マイル以上貯めることは十分可能です。

 

でもここまで来たのなら、もう少し手間をかけるとさらに利用できるポイントサイトが増え、さらに簡単にマイルが貯まるようになります。

* Gポイントからポイントを等倍交換するには、Gポイントの手数料還元を利用する必要があります。

 

 

④-4、LINEルートで貯める (7ステップ)

f:id:miledemairu:20180530180638j:plain

 

効率 :★★★★★

お手軽度:★

交換レート:81%

 

メリット

  • 利用可能なポイントサイトが多い
  • 複数のポイントサイト利用で大量にポイントが貯まる
  • マイルへの交換レートが最高水準

デメリット

  • ポイントサイトでポイントを貯めるために多少の手間がかかる
  • 経由ルートが多く手間とマイル交換までに時間がかかる

 

必要な物

(2018年5月より三井住友カードのワールドプレゼントからポイントタウンへの直接交換が可能になりましたので、Gポイントを経由する必要が無くなりました。)

 

おすすめの三井住友VISAカード

 

PEXにポイント移行できるおすすめポイントサイト (リンクから登録できます)

 

他にもPEXにポイント移行できるポイントサイトの一例

  • GetMoney!
  • げん玉
  • ポイントインカム

 

多くの手順が必要ですが、このルートならさらに多くのポイントサイトをLINEルートに乗せることが可能です。

 

複数のポイントサイトを利用することにより、より効率的にポイントを貯められますので、年間約25万円分のポイントつまり約20万マイル以上は余裕で貯ります。

 

大量にマイルを貯めるカギは、複数のポイントサイトを駆使し大量にポイントを貯め、それをLINEポイントとメトロポイント経由でマイルに交換することです。

 

最初は面倒臭く感じるかも知れませんが、マイルがどんどん貯まってくると全く苦でなくなり楽しくなりますよ。

 

 

ポイントサイトでのポイントの貯め方

ポイントサイトでは様々な方法でポイントを貯めることができます。特に高還元の案件を中心に利用すれば効率的に大量ポイントが稼げます。

 

  • クレジットカード発行 (5000-15000円分ポイント+クレジットカード会社キャンペーン)
  • FXなどの口座開設 (5000-15000円分ポイント)
  • 100%ポイント還元商品の購入 (数百円から数千円分ポイント)
  • 保険や投資などの相談説明会参加(1万円分ポイント以上)

 

ポイントサイトの利用だけで、去年は夫婦で432000マイル貯めました。

f:id:miledemairu:20180427233925j:plain 

これはメトロポイントの履歴ですが、減算ポイント「-20,000pt」というのが、マイルに移行したポイントです。

そしてメトロポイントからANAマイルへの交換比率が90%ですので、毎月18000マイルを貯まり年間では216000マイル、そして夫婦で432,000マイル貯めたということです。

 

毎月20,000ポイントをマイルに移行しているのに、ポイント残高は全然減りません。それ以上にポイントサイトから毎月大量のマイルが入ってくるからです。

 

そしてポイントサイト以外からも多くのマイルを貯めています。

 

クレジットカード発行はポイントサイトを通して貯まるポイント以外に、クレジットカード会社が行なっているキャンペーンも適用できます。場合によっては数千〜3万マイルほど上乗せできますので必ずチェックしてください。

 

でも短期間でのクレジットカード多重発行は審査に影響しますので、月1回までなどルールを決めることをおすすめします。

 

同じカード案件でも、ポイントサイトによって条件が大きく異なります。どのサイトの還元率が一番高いかをチェックして利用すると効率よくポイントを貯めれます。

 

そのためにも複数のポイントサイトの利用が必要なんです。案件検索比較はこの検索比較サイトが便利です。

 

ANAマイルを大量に貯めるために必要な「ANA To Me CARD」や、おすすめの「ANA VISA ワイドゴールドカード」「三井住友VISAエブリプラス」などのクレジットカードも、ポイントサイト経由での申し込みでポイントを稼げます。(時期により案件が無い場合もあり)

 

www.miledemile.com

 

 

LINEルート(ソラチカルート)の上限額

よく「年間216000マイル貯めれます!」というのを見ますよね。これは、メトロポイントからANAマイルへの毎月の移行ポイントに上限があるからです。

 

上限は月に20000メトロポイントで、交換比率が90%ですので18000マイルになります。18000マイル×12ヶ月=年間216000マイルということになります。

 

216000マイル以上貯めたい場合はLINEルート以外で、例えば、フライトやクレジットカード決済やクレジットカード入会キャンペーンやTポイント経由などを利用して貯めることになります。

 

 

まとめ

手間さえ惜しまなければ誰でも比較的簡単にポイントサイトだけで年間20万マイル以上を貯めることができます。

加えて、フライトやクレジットカード決済や入会キャンペーンを合わせると、年間30万マイル以上も十分可能です。

 

面倒臭いのは最初だけです。いきなり全てをするのは難しいと感じられましたら、まずはどれかのポイントサイトに登録してちょっとでもポイントを貯めてみましょう。