マイルで参る

海外旅行、ホテル、マイレージ、バイマイル、陸マイラー、修行、世界一周などなど

【PP単価3.9円!】2019年SFC修行・ダイヤモンド修行のANA国内線の裏ワザ!

f:id:miledemairu:20181122045618j:plain

2019年のANAの航空券は値上がり傾向にあるようです。SFC(スーパーフライヤーズカード)修行僧やDIA(ダイヤモンド)修行僧にとっては死活問題ですよね。国内線のおすすめルートや裏ワザの特徴とヒントなどを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

 

2019年ANA国内線の価格動向 

f:id:miledemairu:20181119134257j:plain

 

ANA国内線の航空券料金は、全体的に値上がり傾向にあるようです。その中でも特にSFC・ダイヤモンド修行僧に痛手となっているのがプレミアムクラスの運賃の高騰です。

 

これまでプレミアムクラスはPP単価が良く、一気にPPを稼ぐことができ、しかもプレミアムクラスを堪能できると、修行僧には大人気でした。わたしも2018年SFC修行で宮古島路線のプレミアムクラスを利用し、その時のPP単価は約6.2円でした。

 

ではどれほど高騰しているでしょうか。例えば、羽田石垣路線ですと、2月の閑散期でもプレミアム28運賃で38190円もします。獲得PPは3460ですので、PP単価約11円です。絶対無しの単価ではありませんが、やはりこれまでと比べると格段に高騰していると言わざるをえません。

 

 

おすすめのSFC・ダイヤモンド修行ルートと運賃

では、2019年国内線修行でのおすすめルートや運賃はどうなるのでしょうか。2019年はスーパーバリュー75が一番お得な運賃となっています。その中でもお得なルートは、やはり長距離路線の那覇や石垣へのルートとなります。例えば2月ですとこんな感じです。

 

羽田-石垣路線

 

f:id:miledemairu:20181119135828j:plain

f:id:miledemairu:20181119135833j:plain

 

石垣路線では最安値片道16090円からとなっています。平日であれば羽田6:45発、石垣12:30発であれば最安値で日帰りできることになります。ちょっと羽田発が早くて大変ですがね(笑)獲得PPは片道1835です。

 

この場合のPP単価は、16090円 ÷ 1836PP = PP単価8.7円 となります。ん〜もう一つですね。

 

では、羽田那覇路線のスーパーバリュー75はいかがでしょうか。

 

羽田-那覇路線

 

f:id:miledemairu:20181119140421j:plain

f:id:miledemairu:20181119140425j:plain

 

片道の最安値は、羽田発で14・15時台の8890円となっています。那覇発は、11・20時台の8890円となっています。最安値で日帰り往復しようとすると那覇発は20時台の一択となります。獲得PPは1476となります。

 

この場合のPP単価は、8890円 ÷ 1476PP = 約6円 となります!

 

これは安いですね!2019年SFC・DIA修行は、那覇路線を中心にするのが良さそうです。那覇路線中心で修行した場合、SFCですと17往復、DIAですと34往復必要になります。プレミアムクラスを利用できないので加算PPが少なく、フライト回数がかなり増えてしまっています。2019年修行はちょっと大変ですね。

 

 

2019年修行をするには国際線も考慮

2019年のANA航空券の価格動向から、国内線のみの修行はなかなか大変かも知れませんね。それで、可能な方は国際線なども含めて修行された方が、飽きないですし楽しく修行できるかも知れません。

わたしも2018年SFC修行は国際線メインでした。しかもビジネスやプレミアムエコノミーメインで快適で楽しい思い出しかありません(笑)以下の記事なども参考になさってみてください。

 

www.miledemile.com

www.miledemile.com

 

スポンサーリンク
 

 

PP単価3円台のANA国内線航空券とは?

ではこの記事の核心部分です。国際線での修行も良いのですが、やはり仕事の都合などでどうしても国内線で修行したい方も多いのではないでしょうか。ご紹介するPP単価3円台の裏ワザ航空券の特徴をまずご紹介したいと思います。

 

  • 多くの路線や日時で約1万円で購入可能
  • スカイコインでの購入は不可
  • 2018年10月1日以降もマイル加算率100%

 

例えば、ある国内線でのPP単価は以下のようになります。

 

片道約1万円 ÷ 獲得PP2794 = PP単価約3.9円!

 

なんとPP単価3.9円です!このPP単価3.9円は最安値ですが、最安値の路線を用いなくても修行全体のPP単価は平均して4円台半ばくらいにおさめることができます。PP単価は1円でも下がれば大きな違いです。SFC修行ですとPP単価1円安くなると全体の修行費用は5万円安く、DIA修行の場合は10万円も安くなります!

 

しかも修行回数も減らすことができます!例えば裏ワザで羽田石垣をメインに修行した場合、SFCの場合は往復10回と少し、DIAの場合は20回と少しで済みます。羽田那覇路線のスーパーバリュー75での修行に比べフライト回数を大幅に減らせられることもメリットです。

 

SFCやDIA修行で、もし全てのフライトで裏ワザを用いた場合いくらお得になるでしょうか?裏ワザでの最安値PP単価3.9円では無く、十分達成可能なPP単価4.5円で計算したいと思います。飛行機修行での一般的なPP単価は10円と言われていますし、先ほどご紹介した羽田那覇路線のスーパーバリュー75とも比べたいと思います。

 

SFC修行に必要な費用

・PP単価10円の場合

    50000PP × 10円 = 50万円

・PP単価6円の場合 (スーパーバリュー75最安値)

    50000PP × 6円 = 30万円

・PP単価4.5円の場合 (裏ワザ)

    50000PP × 4.5円 = 22万5千円

 

ダイヤモンド修行に必要な費用

・PP単価10円の場合

    100000PP × 10円 = 100万円

・PP単価6円の場合 (スーパーバリュー75最安値)

    100000PP × 6円 = 60万円

・PP単価4.5円の場合 (裏ワザ)

    100000PP × 4.5円 = 45万円

 

裏ワザの方法ですと、SFC修行で約27万円から約7万円ほどお得になります。DIA修行ですと、約55万円から15万円ほどお得になります。大きいですよね。

 

裏ワザ航空券の購入利用方法

PP単価3円台の航空券を取得利用するには、一定の条件を満たす必要があります。つまりこの方法は裏ワザ的な方法となります。陸マイラー界は常に改悪との戦いで、裏ワザ的な方法はいつ塞がれてもおかしくありません。

 

今回の方法はブログで公開するかかなり悩み、やめておこうかとも思いました。しかし悩みに悩んだあげく、今回の方法をブログで公開して拡散すると改悪の恐れがあることと、大勢の方からの質問などに対応できないなどの理由から、大変申し訳ありませんが裏ワザ部分は有料noteとして限定数の公開とさせていただき、本当に必要としている方にだけお届けできればと思っています。

がっかりさせてすみません。「はぁ!?」と思った方はどうぞスルーをよろしくお願いします(笑)

 

この裏ワザの方法をすでにご存知の方はnoteを購入する必要はありません。noteを買ってから、「なんだこの方法なら知ってるわ」となると、とても残念ですから。ただ、一応ネットではまだ出回っていないというか、自分は発見できませんでした。

 

修行される方は何十回と飛行機に乗る必要があります。ちなみにこの裏ワザの方法を1回のフライトでも利用できた場合は、note料金の元を取ることができる料金設定である5000円にして限定販売にしたいと思います。たぶん限定10冊くらいかと。巷では1人8万円のセミナーもあるそうですので、それよりはよっぽどマシで格安で修行できるかと思います(笑)

 

返金保証

こうした裏ワザ的な方法は常に改悪との戦いでいつ塞がれてもおかしくありません。それで、noteを購入された方が損をしないように、以下のように返金保証をさせていただきたいと思います。

 

  • 有料NOTE購入後3ヶ月以内に制度の変更により裏ワザの方法を1回も利用できなかった場合

 

1回でも利用できた場合はnote購入代金の元を取ることができます。裏ワザの条件を満たしていなかったり、そもそも航空券を購入していない場合は返金対象外です。また返金の際には、裏ワザを利用できなかったことが分かる、搭乗券やマイル積算履歴の写真を個人情報を消去してメールやツイッターのダイレクトメッセージなどで送っていただきます。

 

PP単価3円台のANA国内線航空券を購入利用する方法のnoteは、以下のリンクよりご購入いただけます。(表示がPP単価4円台になっているかも知れませんが、リンク先のnoteはPP単価3.9円に内容を変更済みです。)

note.mu

 

スポンサーリンク
 

 

さいごに

今回の方法は公開するかかなり悩みました。やめておこうとも思ったのですが、ブロガーとして情報を発信したいという思いと、またnoteを一度やってみたいとの思いもあり、こうした形になり申し訳ありません。何事も経験と勉強かと。。。