マイルで参る

海外旅行、ホテル、マイレージ、バイマイル、陸マイラー、修行、世界一周などなど

シンガポール航空 新型A380の新スイートクラス就航路線とマイルでのおすすめフライトを徹底解説!

f:id:miledemairu:20180720190055j:plain

憧れのシンガポール航空の新スイートにお得に乗るにはどの路線が良いか考えてみました。有償で購入すると片道何十万円もしますが、マイルなら庶民でも搭乗可能ですので是非体験したいと思います!

 

スポンサーリンク
 

シンガポール航空 新型A380の新スイートクラスとは

シンガポール航空は新しいレイアウトのA380を5機発注していて、2017年12月に最初の1機目を受領しました。今後、既存の14機も2018年後半から順次改装を開始し、2020年までに終了する予定です。ですので現在は、新型機と旧型機が混在している状況ですので、新スイートクラスを体験するには路線を選ぶ必要があります。

 

新しいレイアウトは4クラス計471席で、スイート6席、ビジネス78席、プレミアムエコノミー44席、エコノミー343席となっています。スイートは旧型の12席から6席に減少し、旧型機ではスイートはメインデッキ(1階席)前方にありましたが、新型機ではアッパーデッキ(2階席)に移動しています。

 

新スイートクラスのシート

f:id:miledemairu:20180720190055j:plain

ここはどこ?わたしは誰?状態です(笑)これが機内とは全く思えません。シートとベットが独立していて、とても広いスペースを独り占めです。そしてドアを閉めると完全にプライベート空間になります。

 

f:id:miledemairu:20180720190127j:plain

そしてさらに凄いのが、隣のスイートと部屋をひっつけてダブルベッドにできるということです。夫婦やカップルで利用する場合、プライバシーも確保できて最高ですね!もうホテルの一室にしか見えないスイートクラスです。

 

旧型のスイートも十分素晴らしかったんですよね。

f:id:miledemairu:20180720190223j:plain
f:id:miledemairu:20180720190227j:plain

ただ、新型を見てしまうとどうしても新型の方が良いなと思います。大きな変化は、旧型はダブルベッド仕様にできる部屋は内側なので窓が無かったんですが、新型では全て窓側で外の景色も楽しめるようになったのはすごく良いですよね。あと、シートとベッドが独立したのも大きな変化です。

という事で、せっかく乗るんなら新型スイート一択ですよね。

 

スイート専用化粧室

さらに化粧室も素晴らしいです。

f:id:miledemairu:20180720190257j:plain

広いっ!これが機内とは到底思えません。

  

機内食

「インターナショナル・カリナリー・パネル」という、世界中の著名なシェフたちが、世界の食文化にヒントを得て創りだした素晴らしい料理を堪能することができます。

f:id:miledemairu:20180720190309j:plain

f:id:miledemairu:20180720190315j:plain

そして、「ブック・ザ・クック」と言って、出発の24時間前までに、「インターナショナル・カリナリー・パネル」の著名シェフ達が考案したグルメメニューからお好みのメインメニューを予約できます。事前に予約できるので、いざ食べたい物が無くなって食べれないってことは無くて良いですよね。

 

素晴らしい世界のワインやシャンパンを楽しめます。クリュッグやドン・ペリニヨンなど、厳選された最高のシャンパンも用意されているのはさすがスイートです。何が良いのか知りませんが、ドンペリとやらを一度は飲んでみたいものです(笑)

 

チェックインとラウンジ

スイートの素晴らしいおもてなしは地上から始まります。

f:id:miledemairu:20180720190426j:plain

ファーストクラスとスイートの乗客専用のチェックインを受けられます。ラウンジのようなところで座ったままチェックインできるんですね。

 

f:id:miledemairu:20180720191024j:plain

あと、ファーストクラスラウンジももちろん利用できます。そしてさらに素晴らしいのはファーストクラスラウンジのさらに奥にある秘密の部屋、プライベートルームというのを利用できます。

 

f:id:miledemairu:20180722005952j:plain

このプライベートルームは、上級会員の資格だけでは利用できず、実際にファーストクラスやスイートクラスを利用する乗客のみ利用可能な秘密の部屋だそうです。

そしてこのプライベートルームのダイニングはまさに高級レストランそのもので、オーダー式の素晴らしい料理が食べ放題ということです。メニューは朝と昼夜で分かれているようですので、できれば昼夜の本格的なメニューの時に利用したいものです。

 

 

A380就航路線まとめ

さて肝心のA380ですが就航されている路線はそれほど多くはありません。そしてその中でも新型のA380が就航しているのはほんの一部です。2018年7月現在の就航路線のリストで、全てシンガポール発のフライトです。

 

f:id:miledemairu:20180720205515j:plain

 

就航路線について

調べれるだけ調べてリストにしましたが、抜けている路線もあるかも知れませんのですみません。また、期間限定で就航する場合もありますので、随時最新情報を確認する必要があります。

例えばシンガポール関空のフライトですが、2018年10月28日から2019年3月30日の期間限定での就航となっています。

 

新型機/旧型機について

新型旧型に関してはスケジュールや仕様機材を見ただけでは分かりません。カスタマーセンターに電話して確認するか、予約時に座席指定すると確認できます。

f:id:miledemairu:20180720191101j:plain

これが新型の座席配置です。新型ではスイートが6席になっているのが特徴ですね。また、ダブルベッドで使用したい場合は、1,2Aか1,2Fの縦並びで予約する必要があります。

 

f:id:miledemairu:20180720191111j:plain

旧型の座席配置はこちらです。旧型は12席あるのが特徴です。そしてダブルベッドで使用したい場合は、2C,Dか3C,Dの真ん中2席を並びで取る必要があります。

 

また、座席指定までしなくても、フライト検索でのスイートの残席を見ても新型が旧型かの判断が付きます。例えば残席が7席以上あれば旧型ですし、どの日を見ても残席が6席かそれ以下であれば、新型の可能性が非常に高くなります。

 

今回のリストでは、ネットの搭乗記などの情報や、フライト検索での残席数で新型旧型を割り出しました。機材は日々変動することがありますし、これからも改装済みの機材が投入されてくると思いますので、予約時には必ず新型か旧型かを確認して予約されるようおすすめします。

スポンサーリンク
 

格安でスイートに乗る方法

A380のスイートの素晴らしさは分かったけどお高いんでしょ?と言われるかも知れません。はい、お高いです(笑)安くても片道20万円代から高い路線だと80万円以上です。一般庶民には到底手が出ません。でもマイルなら乗れるかもです!

先ほどの就航路線リストに片道の必要マイル数を加えたリストです。全てシンガポール発のフライトです。

 

f:id:miledemairu:20180720205550j:plain

 

憧れのスイートクラスに、マイルなら片道37500マイルから搭乗することができます!そしてこのマイルというのは、シンガポール航空のクリスフライヤーマイルです。Saverは開放されている座席数は少ないですが、より少ないマイルで発券できるということです。

 

シンガポール航空はANAと同じスターアライアンスなので、ANAマイルで発券したら良いやんと思いますが、シンガポール航空のA380やB777などの一部の機材のスイート、ファースト、ビジネスクラスは他社の特典航空券に開放していないんです。

つまり、例外はあったとしても、基本的にはシンガポール航空のマイルでないとA380のスイートクラスには搭乗できないということです。まあ、あれだけ豪華なので他社に開放しないのも納得ですけどね。

 

シンガポール航空のマイルなんて持ってないから無理って思うかも知れませんね。シンガポール航空のマイルの貯め方はあとで解説します。

 

 

おすすめ路線とフライト

さてマイルでA380のスイートクラスに乗るにはどの路線やフライトがおすすめしょうか?

 

① シンガポール発のフライト

おすすめフライトですが往復発券できるマイルがあれば往復発券が良いですが、片道分だけのマイルしかない場合は、シンガポール発のフライトが絶対におすすめです。だってシンガポール発でないとファーストクラスラウンジのさらに奥にある秘密の部屋プライベートルームを利用できないんですからね!これだけは必ず利用したいです。

そんなこともあり、就航路線リストではシンガポール発のフライトの時間と便名しか載せていませんでしたすみません。

 

② 新型機のA380

どうせなら新型のスイートを体験したいですよね。それで現在新型が就航されている、香港、上海、シドニー、ロンドンへのフライトがおすすめです。

 

③ 午後出発のフライト

この理由ですが、プライベートルームの関係です。プライベートルームでは高級レストラン並みのオーダー式の料理を楽しむことができますが、朝と昼夜ではメニューが異なり、昼夜のメニューの方がより本格的な料理を楽しむことができるんです。

それで、香港、上海、北京は午前中のフライトしかありませんので、プライベートルームを楽しむのであればそれ以外の路線がおすすめです。

 

④ 長距離のフライト

最高級のスイートクラスを楽しむのであれば、なるべく長いフライトが良いですよね。長さで言えば、乗り継ぎ便ですがダントツ、ニューヨークへのフライトが23時間と長いです。あとは、ヨーロッパ方面も12時間以上のフライトを楽しめます。

 

⑤ 昼間のフライト

ファーストクラスやスイートクラスを存分に楽しむには、深夜便より昼便を選ぶようにと言われます。せっかく豪華なスイートクラスをほとんど寝て過ごしたらもったいないですよね。

そういう観点では、香港、上海、北京、デリー、ロンドンの昼間のフライトを選択したいですね。

 

第1位のおすすめ路線

ということで今一番おすすめできる路線は、シドニーへのフライトです。

おすすめ理由は、

 

  • 新型スイートを体験できる
  • 夜発なのでプライベートルームのディナーを楽しめる
  • 7時間40分とそこそこ長いフライト

 

必要マイル数の80000さえ貯められれば、おすすめです。もう少しマイルに余裕があれば105000マイルで関空発シンガポール経由シドニー行きのフライトにすれば、さらに長時間スイートを楽しめ、なおかつ新旧スイート乗り比べができちゃいます。

 

第2位のおすすめ路線

シドニーが良いけど80000マイルも無いという方には、香港へのフライトです。

おすすめの理由は、

 

  • 新型スイートを体験できる
  • 最小37500マイルから世界最高峰のスイートを体験できる
  • 昼便なので存分にスイートを楽しめる

 

フライト時間が短いのと、午前発なのでプライベートルームでは朝食メニューしか利用できないのがデメリットです。でもなにせ少ないマイルで搭乗できますので、そこは目をつぶりましょう。

 

番外編のおすすめ路線

実は、わたしは違うフライトを狙っているんですよね。それは、デリーへのフライトです。

その理由は、

 

  • 比較的少ない50000マイルで発券可能
  • 少ないマイルにしては5時間30分のフライトを楽しめる
  • 夕方発なのでたっぷりラウンジを楽しめる
  • 夕方発なのでプライベートルームの昼夜メニューを楽しめる
  • 深夜便ではないのでスイートを存分に楽しめる

 

というところです。個人的にはインドに行ったことがないというのも理由だったりします。ただ、デリー線はまだ旧型機材ですので、新型投入まで待つ必要があるのがデメリットですね。是非とも発券するまでに改悪しないで欲しいです。

スポンサーリンク
 

シンガポール航空のマイルを貯める方法

これからご紹介するマイルを貯める方法を併用して駆使すれば、比較的簡単に短期間にマイルを貯めることができます。

 

① スターアライアンスのフライトに搭乗する

シンガポール航空をはじめ、ANAなどのスターアライアンスのフライトに搭乗すれば、マイルを貯めることができます。格安航空券ですとマイル加算対象外の運賃もありますので、事前に確認が必要です。

 

② マイルを購入する

シンガポール航空ではマイルを購入することができます。でも購入できるのは特典航空券を予約する時にマイルが足りないときのみで、必要マイル数の半分以下しか購入できません。料金は1000マイル40USドルとなっています。

ですので、マイルを購入するとしても、必要マイル数の半分以上は他の方法でマイルを貯める必要があるということですね。

 

③ 三井住友カードのワールドポイントから交換する

多くの方は1枚くらいは三井住友カードを持っておられるのではないでしょうか。その三井住友カードを利用して貯まるワールドポイントからマイルに交換できます。ただしANA VISAカード/ANAマスターカードからは交換できませんので注意が必要です。

交換レートは、ワールドポイント100ポイント = 300マイルです。マイル還元率としては、0.33%です。マイぺいすリボを使ってボーナスポイントを獲得する方法だと、0.66%です。それでも1000円決済してやっと66マイル貯まるという計算です。実際にはカード決済だけで何万マイルも貯めるのは難しいですので、他の方法と併用することになりますね。

 

④ ポイントサイトのポイントを交換する

この方法ですと大量にポイントを貯めることができます。

 

f:id:miledemairu:20180720231404j:plain

f:id:miledemairu:20180720231408j:plain

 

ポイントサイトで貯めたポイントを、PEXやGポイントと呼ばれる中継サイトと、先ほどの三井住友カードのワールドポイントを経由させて、マイルに交換することができます。いずれも、1円の価値のポイント = 0.6マイルに交換できます。10000円分のポイントを貯めると、一気に6000マイルも貯まるということですね。

初心者の方は難しく感じるかも知れませんので、ポイントサイトでのポイントの貯め方や、ポイントの移行に関して詳しくは別記事を参考にしてみてくださいね。ANAマイルの貯め方の記事ですが、基本的には同じことです。

 

【2018年5月 最新版】ANAマイルを貯める4つの方法を徹底比較! 〜 LINEルートで年間20万マイル以上! - マイルで参る

【陸マイラーの始め方】まずはポイントサイトに登録しよう! 〜 年間20万マイル以上貯めるワザ - マイルで参る

 

⑤ SPGアメックス発行と利用でポイントを貯める

マイルを貯めるカードとしても最高のカードはSPGアメックスです。三井住友カードの場合はマイル還元率は最大0.66%でしたが、SPGアメックスはその約2倍の1.25%貯まります。つまり1000円利用で125マイル貯まる計算です。

通常は還元率1%なんですが、20000スターポイントをまとめてマイルに交換すると5000マイルがボーナス加算されますので、1.25%の還元率になるということです。

しかも今なら紹介入会特典で最大13000スターポイント獲得できます。

  • SPGアメックスを発行後、3ヶ月以内に10万円以上の決済で10000pt
  • 紹介プログラム利用分で2000pt
  • カード決済10万円利用分で1000pt

SPGアメックス紹介申込で13000スターポイントゲットはこちら

 

関連記事

SPGアメックスは高い年会費を払ってまで持つべきか?特典価値を徹底計算! - マイルで参る

(2018年8月よりSPGはマリオットとの統合で、スターポイントからポイントへと名称が変更になり、自動的にポイントが移行されます。移行されてもポイントの価値やマイルへの移行に影響はありませんのでご安心ください。)

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

シンガポール航空の新スイートクラスはとっても豪華で一度は乗ってみたいですよね。そんな憧れのスイートもマイルがあれば実現可能です。

今日ご紹介したマイルの貯め方を併用すれば、比較的簡単に短期間にスイートクラス搭乗の夢がかないますよ!