マイルで参る

海外旅行、ホテル、マイレージ、バイマイル、陸マイラー、修行、世界一周などなど

Grab(グラブ)の登録方法と使い方を徹底解説!【東南アジア必須タクシー配車アプリ】

f:id:miledemairu:20180329013922j:plain

 

世界的に有名なタクシー配車アプリのUber(ウーバー)が東南アジアから撤退した今、東南アジアで有名なタクシー配車アプリGrab(グラブ)が、シンガポールやクアラルンプールなどの東南アジア旅行者必須アプリになりました。そのGrabの登録方法や利用方法を分かりやすく徹底解説したいと思います!

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

Uber(ウーバー)が東南アジアから撤退

タクシーアプリのUber(ウーバー)使ってますか?すごい便利ですよね。外国の見知らぬ土地で言葉が通じなくても、Uberがあればアプリで簡単にタクシーを呼び目的地まで連れて行ってくれます。

でもそのUber が東南アジアから撤退のニュースが入りました。

 

「Uberは米国時間3月26日、東南アジアの事業を、同地域で競合するGrabに売却することで合意したと発表した。声明によると、Grabはカンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムで展開されているUberの全事業を引き継ぐという。これには配車サービス、食料品宅配、決済、金融サービスなどが含まれる。」

 

Uber撤退は困りますが大丈夫です!Uberは2018年4月8日までにタクシー配車サービスはGrab(グラブ)に移行されます。つまり、同じようなタクシー配車アプリのGrabに登録すれば問題なくこれまでのように簡単に安心してタクシーに乗れます。

 

2018/4/8追記

4月8日マレーシアでもUberアプリが使用できなくなりました。「あなたのエリアでは現在Uberをご利用いただくことはできません。」と表示されます。

f:id:miledemairu:20180409112753j:plain

 

 

Grabってどんな会社?

みなさんはあまりGrabには馴染みがないかもしれません。でもGrabは東南アジアでシェアNo1の配車サービスで信頼が高く、実はUberより人気がありました。わたしもいつもGrabを使っています。こんな会社です…

 

「グラブ(英: GrabTaxi Holdings Pte Ltd)はシンガポールミッドビュー・シティに拠点を置く配車アプリ運営企業である。マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアで自家用車向けGrabCar、オートバイ向けGrabBike、相乗りサービスGrabHitch、配送サービスGrabExpressおよび決済サービスGrabPayを提供している。……2018年2月時点のドライバーの総数は8カ国168都市で230万人、企業評価額は60億ドルにのぼる。」

 

 

Grabのメリットとデメリット

 

メリット

  • 通常のタクシーに比べて安い
  • 現地の言葉が話せなくても大丈夫
  • ぼったくたれない
  • 通常のタクシーより安全

 

デメリット

  • 深夜の女性1人の利用では心配かも

 

通常のタクシーと違ってGrabは、タクシーを手配した時点でルートと料金が決まります。ですので、料金交渉をする必要がありませんし、わざと遠回りされたり料金をぼったくられる心配が無いということです。海外旅行ではぼったくりや料金交渉がストレスですので、このストレスを無くせるのはすごく大きいですよね!

また、アプリで実際に通ったルートも記録されますので、どこかに連れ去られ事件に巻き込まれる心配も、通常のタクシーに比べると断然少ないです。もし何かトラブルがあった場合などは、Grabに報告することができますし、ドライバーの評価も下がりますので、そう言った点でも犯罪やトラブルをある程度抑制できると思います。

 

メリットが非常に多いGrabですがデメリットが無いわけではありません。もちろんGrabでも絶対安全という保証はありません。実際、深夜などに女性1人で乗って被害に遭うこともごく稀にあるようです。

ですので、いくら安全と言っても深夜に女性1人で乗ることは避けるなど、自分の身は自分で守る必要があります。まあこの点はGrabに限らず、どんな交通手段を使っても同じことが言えますよね。

 

 

Grabの料金

Grabはとても安いです。例えば、クアラルンプール国際空港(KLIA)からクアラルンプール市内までは、一律65リンギット(約1800円)です。この料金とは別に高速代が約8リンギット(220円)ほどかかり、乗車代と合算して請求されます。

それでも市内までは45kmあり高速で40分ほどかかることを考えると激安ですね!しかも一律ってのも安心です。クアラルンプール市内なら駅やホテルでも一律料金ってことです。

実は高速列車のKLIA Expressesでも市内まで55リンギット(約1500円)しますのでGrabは安いですね。Grabだとホテルまで連れて行ってくれるので楽ですし、2人以上だと完全にGrab一択です。ちなみに普通のタクシーだと85リンギット(約2400円)です。

 

 

Grabの登録方法

Grabを利用するには、アプリをダウンロードして登録するだけですので簡単です。でも登録にはSMS認証が必要ですので、現地に行ってすぐに使えるように日本で登録しておくことをお勧めします。

 

1、まずは下記のリンクよりアプリをダウンロードしてください。

www.grab.com

 

2、次にアプリを開きアカウントを作成します。

f:id:miledemairu:20180328185353j:plain

 

アカウント作成には、3つの方法があります。

 

  • Googleアカウントを使用
  • Facebookアカウントを使用
  • 携帯電話番号で登録

 

アカウントの作成もログインも簡単なGoogleかFacebookを使用しての登録が便利です。アカウント作成時にSMSでの認証が必要ですので、日本で登録を済ませておきましょう。

 

 

支払い方法の登録

Grabは現金でも支払いできますが、クレジットカードでの支払いが断然お勧めです。クレジットカード支払いなら降車の際、何もする必要がなくとても便利です。

クレジットカード支払いを利用するには事前に登録が必要です。登録はアプリからもできますが、日本からはアプリで登録ができませんので下記リンク先のGrabのWEBサイトから行います。

www.grab.com

 

1、右上の「ログイン」をタップします。

f:id:miledemairu:20180328183731j:plain

 

2、①にアプリで登録した携帯電話番号(最初の0は省略)を入力し、②にチェックを入れ、③をタップします。

f:id:miledemairu:20180328183744j:plain

 

3、次にスマートフォンのGrabアプリに6桁のPINコードが送られてきますので確認します。アプリのメニューのNotificationに届きます。

f:id:miledemairu:20180328184533j:plain

 

4、WEBサイトに戻り、先程確認した6桁のPINコードを①に入力し、②をタップします。

f:id:miledemairu:20180328183757j:plain

 

5、ログイン後、①のご自分の名前のところをタップし、②、③とタップします。

f:id:miledemairu:20180328183815j:plain

 

6、クレジットカードの情報を入し、「Save」をタップし登録完了です。

f:id:miledemairu:20180328183832j:plain

  

スポンサーリンク
 

Grabアプリの使い方

例えば、クアラルンプール国際空港(KLIA)からルネッサンスクアラルンプールホテルまで行く場合でやってみます。

 

1、アプリを起動すると現在地が出てきます。赤丸のところの出発地には自動的に現在地が入力されます。

f:id:miledemairu:20180328185318j:plain

 

2、もし出発地を変更したい場合は赤丸のところをタップすると入力画面になりますので、「KLIA」と入力するとクアラルンプール国際空港を選択できます。

そして、空港やショッピングモールなど大きな施設の場合は、さらに細かく乗車位置を指定します。例えば、日本からの国際空港到着の場合は、国際線到着のドア6か7を選べば一番近くから乗車できます。

f:id:miledemairu:20180328185716j:plain

 

3、次に目的地を入力するため赤丸のところをタップします。

f:id:miledemairu:20180328185937j:plain

 

4、そして「ルネッサンス」と入力すると、ルネッサンスクアラルンプールが出てきます。ホテル名をタップしても良いですし、この場合も降車位置をさらに細かく指定できます。ルネッサンスクアラルンプールですとチェックインはイーストエントランスですので、それを選びます。

f:id:miledemairu:20180328190005j:plain

 

5、目的地を選択すると料金と配車時間が表示されます。料金は65リンギット(約1800円)で、配車時間9分です。

この画像では①の支払い方法が「Cash」になっていますが、クレジットカード支払いにする場合はここをタップし変更します。車種を変更する場合は②をタップします。これで良ければ③をタップします。

f:id:miledemairu:20180328191841j:plain

 

 

6、車種を変更したい場合は次の車種から選べます。

f:id:miledemairu:20180328190533j:plain

  • Grabcar……一番安い、コンパクトカーの場合もあり
  • GrabCar Plus……快適なセダンとトップドライバーらしいです
  • GrabCar(Premium)……レクサスなどの高級車
  • GrabCar(6-seater)……6シート(大人数や荷物が多い時)

 

7、車種も確定して「BOOK」をタップすると、ドライバーを探してくれます。間違って入力した場合は5秒以内なら「CANCEL」をタップすれば大丈夫です。

f:id:miledemairu:20180328191030j:plain

 

8、ドライバーが見つかるとドライバーと車の情報が表示されます。

f:id:miledemairu:20180329012151j:plain

 

9、あとは車が到着するのを待ちます。到着まで7分となっています。車の位置と自分の現在地を確認できますので、今車がどの位置にいるか把握できます。車のナンバーと車種も表示されますので、車が到着するとナンバーなどで確認します。

f:id:miledemairu:20180329012644j:plain

 

10、車が到着するとあとは乗車し、目的地まで連れて行ってもらうだけです。いつも乗車時に念のためGrabのドライバーかどうかを名前などで確認してから乗車するようにしています。支払いもクレジットカードを指定していれば、降車時も手続き不要です。

 

 

Google MapでGrabを手配する方法

Grabアプリから出発地や目的地を入れる時、文字で入力するか地図上で指定しますが、少し面倒くさかったり、地図上で目的地を見つけにくいことがあります。

 

そこで便利なのがGoogle MapアプリからGrabを手配する方法です。Google Mapだと目的地を「お気に入り」や「行きたい場所」などに事前に登録しておけば、目的地の検索がとても便利です。

 

1、まずはGoogle Mapで普通に目的地を入力し、経路を検索します。

 

2、次に移動手段を選択します。通常であれば車、電車、徒歩などから選択しますが、Grabを使用できる地域ではGrabを選択できるようになります。人が手を上げてタクシーを呼んでいるような仕草をしているアイコンです。ここをタップすると、画面下にGrabでの料金がでます。

f:id:miledemairu:20180925170315j:plain

 

(通常KLIAとKL市内間は一律65リンギットですが、Google Mapの検索結果では「97〜130」になっています。でもこの後Grabアプリを開くとちゃんと65リンギになりますので大丈夫です。)

 

3、Grabの車種を選択します。通常は「Grab Car」で大丈夫です。

 

4、そして「アプリを開く」をタップします。

f:id:miledemairu:20180925170412p:plain

するとGrabアプリが起動して、既に出発地と目的地が入力されている状態になっていて、あとは「Book」をタップしてGrabを呼ぶだけです。とっても簡単ですよね!

 

旅行が10倍お得に豪華に楽しくなるカード、、おすすめです!!

www.miledemile.com

 

スポンサーリンク
 

まとめ

Grabは非常に便利なサービスで、特に東南アジアへの旅行には必須アプリと言えます。今まで何十回と利用してきましたがトラブルも無く、たいてい車も綺麗でドライバーも良い人たちです。日本にいる間にGrabに登録しておくととてもスムーズです。

そしてGoogle Mapからの利用でさらに便利になります。Google Mapに目的地をどんどん登録しておくと簡単ですよね。

是非みなさんも活用してみてください。