マイルで参る

海外旅行、ホテル、マイレージ、バイマイル、陸マイラー、修行、世界一周などなど

【衝撃の事実】機材変更でダウングレードされたら二度と同じ座席クラスに戻れない可能性大! 再度の機材変更で元の機材に戻ってもダメ!

f:id:miledemairu:20180503202241j:plain

機材変更に次ぐ機材変更で元の機材に戻っても、一度ダウングレードされると元の座席クラスには戻れなかったんです!ダウングレードだけでもショックですが、ショック2倍です!

BAのマイルで予約したキャセイパシフィックのファーストクラスがビジネスクラスにダウングレードになった時の経験談をレポートします。

 

スポンサーリンク
   

この記事はファーストクラスがビジネスクラスにダウングレードになった時の経験談の続きです。効果的な交渉方法に関する前回の記事はこちら。

www.miledemile.com

 

 

【前回の流れ】ダウングレード発覚から飛行機に搭乗までまとめ

 

これまでの流れを簡単にまとめます。

 

予約していたフライトはキャンセルパシフィックの香港-台北間のファーストクラスで機材はB777-300ER

    ↓

しかしA350-900への機材変更によりファーストクラスの設定が無くなり、ビジネスクラスへのダウングレードを知る

    ↓

旅程の変更は不可能だったので、ビジネスクラスのダウングレードを了承し、ファーストクラスラウンジの利用交渉

   

空港でのハードな交渉の末、ファーストクラスラウンジ利用を許可される

 

結果的にはファーストクラスとビジネスクラスの差額のマイルが返却され、なおかつ交渉が成功して一番の楽しみだったファーストクラスラウンジも利用できたので、結果的にはとてもお得だったので大満足で飛行機に搭乗しました。

 

前回はここまでです。でも話しはここで終わらず、搭乗後にとんでもない事実に気づきます。 

 

 

飛行機に搭乗後に気付いたとんでもない事実に唖然

ビジネスクラスにダウングレードにはなりましたが、ファーストクラスラウンジも利用できましたし、キャセイのヘリンボーンのフルフラットのビジネスクラスは初めてでしたので、フライトも楽しめ大満足でした。

 

しかし搭乗後にとんでもないことに気づきました。シートポケットの機材情報を何気なく見ると、「B777-300ER」と書いています。てっきり機材変更後の機材は「A350-900」だと思っていましたし、チェックインカウンターのスタッフにも確認していました。最初は状況が飲み込めませんでした。

 

でもよく考えると、当初に搭乗予定だった機材だったんです。つまり機材変更に次ぐ機材変更で結局元の予約した機材「B777-300ER」に戻っていたんです。

 

つまりこういうことです。

 

B777-300ER

(当初の予約、ファーストクラス)

  ↓

A350-900

(機材変更、ファーストクラス設定無しのためビジネスクラスにダウングレード)

  ↓

B777-300ER

(再度の機材変更で実際に搭乗した機体、ビジネスクラスのまま)

 

と言うことは、今自分が乗っている機材にはファーストクラス設定があるはずです。前を見るとやっぱりファーストクラスがあります。

 

またここで頭がパニックです。いろんな疑問が頭に浮かびます。

 

「自分は何のためにファーストクラスラウンジの利用交渉をしてきたのだろう」

 

「…というか、なぜファーストクラスを予約した自分がビジネスクラスに乗っていて、他の人がファーストクラスに乗っているのだろう」

 

「なぜ機材変更に次ぐ機材変更で元の機材に戻ったと言うことを、航空会社の誰も教えてくれなかったんだろう」

 

自分の場合は特典航空券での予約ですのでそれほどお金はかかっていませんし、楽しみにしていたファーストクラスラウンジも利用できたので良いかもしれません。

 

それでも予約したファーストクラスの席が目の前にあるのに、航空会社の誰も教えてくれず元の予約した座席クラスのファーストクラスに戻してくれなかったことを知った時、とてもショックでした。

 

これがもし有償の航空会社で何十万円、もしくは百万円以上払っているとすれば、シャレにならないですよね!いやー、これは普通かなり怒りますよね!

 

と、ここで思い出しました。以前にブログで読んだことがあるんですが、有償で購入したファーストクラスが機材変更でエコノミークラスにダウングレードされ、さらに機材変更で元の機材に戻ったけどファーストクラスには戻してもらえなかったという怒りの記事です。これはかわいそう過ぎます。

 

だって何十万円も支払ったのに、

これが、

f:id:miledemairu:20180425133903j:plain

こうなるわけです。

f:id:miledemairu:20180425134451j:plain

そして知らないおばさんが自分の座るはずだった座席に座っています…

f:id:miledemairu:20180425134904j:plain

そりゃあ怒りますよね!?

 

ということは、今回の経験や、ブログ経験談から推測するに機材変更時の座席クラスのダウングレードは次のように扱われるということかも知れません。

 

  1. 機材変更でファーストクラスからダウングレードされると、元のファーストクラスの予約はキャンセルされ、新しいビジネスクラスの予約が作成される
  2. 機材変更に次ぐ機材変更で元のファーストクラス設定の機材に戻ったら、航空会社は新たにファーストクラスの予約を取る
  3. 最初の時点でファーストクラスからダウングレードされている乗客には、新たなビジネスクラスの予約が既にあるので、全く考慮されずスルーされる

 

このように扱われているとしか考えられません。これはかなり理不尽に感じます。

もちろん航空会社によって対応は違うでしょうし、もしかすると上級会員は元の座席クラスに戻してもらっているのかもしれません。 

 

機材変更によるダウングレードは仕方がないにしても、再度の機材変更で元の機材に戻った場合は、やはり元々の予約した乗客を優先する必要があるのではと思うのはわたしだけでしょうか。

スポンサーリンク
   

まとめ

ファーストクラスラウンジの利用交渉自体はうまくいって大満足だったのですが、最後の最後に大どんでん返しがあり、なんかちょっと騙された気分です。恐るべし外国の航空会社って感じです。

これからファーストクラスやビジネスクラスの搭乗予定がある方は、ダウングレードにはくれぐれも注意してくださいね。使用機材のチェックは最後の最後まで怠らず、そして諦めず交渉あるのみです。